忍者ブログ
買った本から借りた本まで色々と触れていきます。
眠る線路

『眠る線路』
2003年8月25日第1刷
宇井眞紀子 ワイズ出版
4-89830-161-4
定価3,800円+税

高校時代の後輩が贈ってくれた写真集。東京の草生した廃線をたどる一品。
鉄道ファン活動の「廃線鉄」要素が色濃い一冊。

単に往時をしのぶものではない、そうした印象も受けました。朽ちている鉄道施設の中に、力強さのようなものが写し込まれているのです。これには驚きました。私がもし同じ題材で「撮り鉄」をしたとて、「ああ、朽ちてますね」で終わってしまうところ。宇井さんの写真は色々思いをかきたてる一枚一枚になっています。

たまにめくっては、東京在住時を思い出します。歴史を振り返るだけではない、前を向こうという気持ちにさせてくれる面もある不思議な写真集です。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
プロフィール

HN:
ko.i.tsu
Webサイト:
性別:
非公開
自己紹介:
100兆ドラクマko.i.tsu(コイツ)と申します。
分野問わず読書記録を記してまいります。
P R